フード

知らないと損する!コーヒーの驚くべき美容効果とは?

コーヒーといえば、寝る前に飲むと眠れなくなる…といったイメージですが、
実は多くの美容効果があるんです。

美味しいコーヒーを飲むだけで美容効果があるなんて、嬉しいですよね!
美容にも健康にも効果があるコーヒーを、正しく賢く飲みましょう!

 

美肌効果

①シミ予防

「コーヒーを毎日2杯飲んでいる人は、飲んでいない人に比べてシミが少ない」という、
簡単な美容対策なのに嬉しい調査結果が出ています!
コーヒーには、クロロゲン酸というポリフェノールが豊富に含まれていて、
その量は赤ワインよりも多いのです。
そのポリフェノールは、紫外線などによる活性酸素の発生を防ぎ、
シミの原因となる“メラニン”の生成や肌細胞への取り込みを抑制することができるということです。
活性酸素の発生を防ぐことで、しわ・たるみの予防にもなるので美容にピッタリですね。

 

②肌トラブルの改善

コーヒーに含まれるポリフェノールの殺菌作用により、
睡眠不足やストレスからくる、ニキビ・肌荒れも抑えることができます。
美容対策として、肌トラブルを隠すことではなく、予防することも大切です。

 

③血行促進

コーヒーに含まれるカフェインには、抹消血管を拡張する作用があります。
これにより皮膚の血流量が増加し、代謝が促進されるので肌が綺麗になります。
美容に天敵のむくみも、解消されることが期待できます。

ダイエット効果

①脂肪分解

コーヒーに含まれるカフェインには“リパーゼ”という脂肪分解酵素を活性させる作用があります。
また、クロロゲン酸にも脂肪分解を促進する効果があるので、
カフェインとの相乗効果で痩せやすい体を目指せます!
またコーヒーには呼吸機能や運動能力も高めるので、運動前には最適な飲み物です。

美容とダイエットに最も効果的なタイミングは運動の30分前。
運動する頃に、脂肪が燃えやすい状態になっていますよ。
美容のためには、ブラックコーヒーがおすすめです。

②デトックス

尿には、35%もの老廃物が含まれています。
コーヒーは利尿作用が強く、
老廃物や余分な水分を流してむくみを解消してくれるので美容にいいという事です。
尿生産量を増やすカフェイン入りのコーヒーで、デトックス美容をしましょう。

リラクゼーション効果

淹れたてのコーヒーの香りが嫌いな方は、少ないのではないでしょうか。
コーヒーの香り成分には、α波を発生させて脳をリラックスさせる美容効果があります。
精神的に落ち着きたい場合に、コーヒーを淹れて香りだけを楽しむ方もいるくらいです。
ストレスを緩和することは美容にも効果的なので、
疲れの溜まってくるお昼やお茶の時間にコーヒーを楽しむのもいいですね。

健康効果

コーヒーには美容効果だけでなく、健康効果も期待できます。

①ガン予防

コーヒーに含まれているポリフェノールの一種“クロロゲン酸”の抗酸化作用により、
ガンを抑制するという報告があるそうです。

 

②肝機能改善

コーヒーを飲んでいる人は、肝硬変のリスクを最大80%、
肝臓がんのリスクも40%まで引き下げることが分かっています。
コーヒーが肝臓の働きを助けることによって、
飲酒によるダメージを軽減し、二日酔いを早く回復させる効果も期待できます。

 

≪美容にNGなコーヒーの飲み方≫

・空腹時にブラックコーヒーを飲む

胃酸を分泌し胃を荒らす可能性があるので、空腹時は避けましょう。
空腹時にはミルクを入れてカフェオレを。
逆に食後のコーヒーは、消化を助けるので美容にいいです。

・水分補給として飲む

美容に良くても、コーヒーは刺激の強い嗜好品です。
水や麦茶感覚でガブ飲みしないで下さい。

利尿作用が高いので、水分補給にはなりません。
飲み過ぎは美容にNGです。

 

・胃が弱い方、貧血の方

胃潰瘍や逆流性食道炎などの人は、コーヒーを控えて下さい。
胃酸の分泌がダメージになります。

また、コーヒーや紅茶に含まれるタンニンには、
鉄分の吸収を妨げる作用があるので、貧血の方は注意が必要です。
食後30分待ってから飲みましょう。

 

≪さらに美容効果を高めるために≫

※ドリップコーヒーを

インスタントコーヒーの方が手軽ですが、
ドリップコーヒーの方がポリフェノールやカフェインといった有効成分が豊富なので、
美容効果がより高くなります。
美容のため、ひと手間をかけることで満足感を得られ、
脳のアンチエイジングにつながります。
そして美容にいいポリフェノールは、熱に弱く時間と共に減ってしまう成分です。
ドリップする際は、熱湯ではなく少し冷まして80度くらいのお湯で淹れるといいです。

※浅煎り豆を

豆は深煎りより“浅煎り”の方が美容にいいです。
また、挽き立ての豆ほどポリフェノールが豊富です。
時間が経つと豆自体が酸化してしまう恐れがあるので、
挽いた豆は早めに使い切りましょう。
酸化してしまうと、美容効果が落ちるだけでなく味や香りも落ちやすいので気を付けて下さい。

まとめ

コーヒーには、あまり知られていない美容効果があることがお分かりいただけましたでしょうか。

カフェインを摂りたくない妊娠中や授乳中にも飲めて美容にもいい“たんぽぽコーヒー”などもあります。
皆さまの生活に合わせたコーヒーを選んで、美容と健康にいいコーヒーを習慣にしてみて下さい。

 

関連記事

  1. 乾燥を防ぐ爪ケアの ビギナー簡単お手入れ実践法を伝授!
  2. 水の驚くチカラ再発見!身近な水で健康美人革命
  3. ベタつき解消!過剰な皮脂に効果のあるおすすめケア8選
  4. 簡単で役に立つ♪肌美人さんがおすすめする美肌の維持方法
  5. 知りたい!!日本でも流行間違いなしの海外の最新美容情報
  6. 夏は日焼けシーズン!美白キープのためにすべきことまとめ
  7. 今年のクリスマスは「クッションファンデ」で恋をゲット♡
  8. 【エステティシャンが教える】ニキビ予防

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 本当に痩せられる?ダイエットが睡眠で簡単に出来る方法とは?
  2. おすすめ!手軽にできる毎日の毛穴のケアの方法5選
  3. バサバサ髪にさよなら!自宅が行える4つのホームケア
スポンサードリンク
PAGE TOP