美容と健康

肌が綺麗な基準って?普段からのケアや美白美人になるには?

お肌が綺麗だと、毎日のメイクやファッションが楽しくセレクトできますよね。
逆に、お肌の調子が悪くてメイクがしっかりのらない日は一日中憂鬱でやる気も失せてしまうのが女性ではないでしょうか?

いくつになっても女性は綺麗でいたいもの。
特にお肌は年齢で分かってしまうだけに、アンチエイジングには興味のある方が多いかもしれません。

肌の綺麗ってどこが基準なのでしょうか?

20代?10代?それとも赤ちゃんのような肌?今回は肌の綺麗の基準を追及してみました。

肌が綺麗ってどんな肌

肌が綺麗人ってどんな基準なのでしょうか?

女性があこがれる綺麗な肌を聞いてみたところ、

  1. 肌が白い人
  2. きめが整っていて見た目につやがある
  3. 毛穴が目立たない

などが挙げられていました。

つまり、つやつや卵お肌を想像してよさそうなんですよね。
その場合、ファンデーションもたくさん塗らなくても良さそうですし、経済的なのかもしれません。

ただ、このような綺麗な肌を基準とするなら、普段からのお手入れは手抜きはできませんね!
もともとこのような肌質の方でも、年齢と共に変化していくお肌への対応は、していかなければなりません。

 

基準の美肌は正しい洗顔から

「美肌美人でいつも綺麗ですね」なんて言われてしまうと、女性はテンションが上がってしまいます。
もともと綺麗な肌の持ち主ならまだしも、
毎日しっかりケアしている人は特に「やった!」と自分をほめてあげたくもなるでしょう。
(ちなみに私は言われたことなしです)

言われたことがないという人でも絶対に今からでも遅くありませんので
ぜひ、毎日のケア基準をキープするためにも始めてみませんか?

私もがんばります!!

おすすめ洗顔方法

基本のお手入れは何といっても洗顔といいます。

まずは、毎日のメイクの汚れを丁寧に落とし、優しく洗顔フォームをしっかり泡立てたものをのせるだけという方法で基準の綺麗肌を手に入れてみてください。

これで綺麗に落とせるの?と思ってしまいますが汚れはクレンジングで落とすものということを忘れずに!
洗顔はあくまでもクレンジング剤を落とすものですので、ゴシゴシする必要はないのです。

余分な皮脂まで落としてしまわないよう、優しくです(笑)。
この工程をしっかり意識するだけで、顔の1日の汚れがリセットされ、後に導入する化粧水や美容液などが浸透しやすくなります。

ここからは、年齢肌にあったケア用品をしっかりなじませ、時にはローションでコットンパックなどをして肌を整えてください。
出来れば、美肌効果のある化粧水や乳液で仕上げると基準の美肌を獲得できる近道になると思います。

美肌美人を目指すには食事も必須

綺麗にお肌が整ったら、ここからは基準の2つ目!食事ですね。

毎日健康や基準の美肌を作るためには、バランスの良い食事をしっかり3摂ることが基本なのです。
もしかして、身体を気遣いすぎて返って偏食になったりしていませんか?

「〇〇を飲むと綺麗になる」とか「〇〇だけでダイエット効果がある」などといって、そればかり摂っていても結局偏食になっていることが多いんです。
(バランスよくダイエットできますと書いていてもです)

一番肌に悪いのは、偏った生活や食生活です。

寝不足続きやストレス、脂っこい食事などはなるべく控え、出来れば腹8分目位を意識して食事をするように心掛けることをおすすめします。

 

肌を綺麗にする基準

肌を綺麗にするきは意識が大切。

  • 偏った食生活やダイエットはなるべく控えること
  • 規則正しい生活を意識すること
  • 肌ケアは洗顔が基本

この3つを意識して、一度試してみてください。私もちょっと意識してみましたが、少しずつ肌の調子が良くなり化粧のりも!

効果はそれぞれペースがありますので、全て◎ではありませんが、良かったら参考にしてみてくださいね。

関連記事

  1. 簡単にできちゃう!?手軽にできるオススメの目元ケア家電
  2. それって本当にくせ毛?原因と5つの改善アイテムを公開!
  3. 今年の冬はオフィスで快適! 誰でもできる冷え性対策!
  4. 花粉症対策も家電で撃退出来る新情報
  5. こっそり伝授!いつでもどこでも眠れるようになる方法
  6. 食後の歯磨きチェック!歯磨きにかける時間と歯磨き方法
  7. 飲むだけじゃない!美容効果抜群緑茶パックで、美しい素肌へ
  8. 比べて納得!足の角質ケア メリット・デメリットを総まとめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 【美味しい美容法】食べるコスメで、体の中から綺麗は作れる!
  2. 「本当にそれ合ってる?」コンシーラーは使い分けが重要!
  3. 【2017年の夏】トレンドカラー水着で主役級なビーチ美女!
スポンサードリンク
PAGE TOP