美容と健康

美白効果のある化粧水でダメージケア 気になる紫外線対策はこれで完璧

これからの季節、どうしても気になるのが顔のしみやそばかすですが、それらを目立たせないようにカバーしてくれるのが美白用化粧水です。

 

現在では次々と優れた美白効果をもつの化粧水が販売されていますが、ひょっとしたらみなさんのなかにはいろいろな美白用化粧水を試してみたものの、あまりその効果が実感できなかったという人もいるかも知れません。

 

そんなみなさんのために、これより正しいスキンケアや紫外線対策についてもまとめているので、ぜひ参考にしてください。

 

 

紫外線が肌に与える影響

 

紫外線は肌にダメージを与え、日焼けを起こすなど肌の表面にある細胞を傷つてしまいます。

 

しかも肌の奥深くに届き、そこにあるコラーゲンを壊してしまいます。

それによって肌の代謝を悪化させてしまいますので、肌の乾燥やしみ、しわの原因となります。

 

しかもそういった紫外線によってもたらされるダメージは、曇りの日でもあり得ますので十分注意が必要です。

 

美白用化粧水とはどんなものでしょうか

 

紫外線のダメージから肌を守るバリア機能があり、さらにメラニンの生成を抑えるなど、いろいろな役割を果たしてくれる美白用化粧水ですが、美白の他にもいろいろな効果をもつ成分が含まれています。

 

ほとんどの化粧水には保湿成分も多く含まれていることから、肌に潤いがチャージされ、しみだけではなくしわやたるみに対しても効果があります。

 

また肌の代謝をアップさせる成分が含まれている美白用化粧水を使うことによって、保湿とともにターンオーバーができますから、肌にはりとつやが表れます。

 

さらに肌の奥に潜むメラニンの排出が促されるので、肌のくすみも解消することができます。

 

そして紫外線対策として、ポリフェノールといった抗酸化作用をもつ成分も含まれています。

 

抗酸化作用とは、肌の老化の原因となる活性酸素を抑えるはたらきをのことでを言います。

 

活性酸素はメラニンと同じく、紫外線からのダメージを防ぐ肌のバリア機能のことです。

 

しかし、それがあまり過剰に発生してしまうと、むしろ肌の老化を早めてしまいます。

 

ですから、美白用化粧水の抗酸化作用によって、エイジングケアにも効果を発揮します。

 

それに加えて、近ごろはハイドロキノンという、しみやそばかすを消したり薄くしたりする成分も含まれるようになり、肌の美白化が実現しやすくなっています。

 

ですが、すぐに効き目の表れる美白用化粧水はそれだけ肌への刺激が強いものが多いと言えますので、美白用化粧水を使う場合はご自身の肌質やそれぞれの目的に合ったものを選ぶようにしてほしいと思います。

 

 

美白化粧水の上手な使い方

 

しみはメラニンが蓄積することによって肌に現れてきます。

 

蓄積するメラニンの量は年齢、肌質、あるいは肌の代謝機能、そしていまままでに浴びてきた紫外線の量といった、いくつかの要素が関係してきます。

 

ですから、若いときに浴びた紫外線の影響が、何十年も経ってから現れてくる恐れがあります。

 

それだけに肌の美白というものは、しみやそばかすが実際に現れる前に予防と対策をしていかなければなりませんので、ある意味長いスパンで行っていく必要があります。

 

早い時期から、デイリーなスキンケアに美白化粧水を取り入れるのはとても有効です。

 

美白用化粧品を使うことによって、美白だけではなくアンチエイジングもできますので、まさにダブルの効果をもっている言うことができます。

 

とくに最近は広く美白の大切さが知られるようになり、若い年代でも美白用化粧品を使う人が多くなっています。

 

美白用化粧品は、化粧水だけでなく美白用美容液、美白用クリーム、美白パック、美白ファンデーションというようにいくつものアイテムがそろっています。

 

いずれも持っている効果が違いますので、できることなら化粧品は美白用というカテゴリーでそろえて使っていくのがいいと思います。

 

 

正しい洗顔方法

 

美白用化粧水の効果を確実なものにするためには、正しく洗顔をすることが重要になります。

 

とくに紫外線でダメージを受けやすい肌のきめを損なわないように、手のひらでしっかりと泡立てて、やさしく洗うようにするのが洗顔のポイントです。

 

そのようにして肌の汚れを取り、洗顔の後には毛穴の開いた状態で美白用化粧水をしみ込ませていきます。

 

その後で、美白用美容液、美白用乳液または美白用クリームをつけてください。

 

各アイテムの美白用成分が肌の奥にしっかり届くことによって、そこに存在するメラニンを排出してくれます。

 

さらに新たなメラニンの生成を抑制し、肌のバリア機能をアップさせるので、紫外線からのダメージを防いでくれます。

 

 

まとめ

 

以上、紫外線が肌に与える影響と効果的な美白用化粧水の使い方について紹介してきました。

 

やはり、紫外線が気になる季節を迎えるにあたっては、しっかりとした対策が必要になります。

 

まず朝起きたら、外の様子を確認してその日のスキンケア方法をしていくようにしましょう。

 

美白用化粧水をはじめとする化粧品はもちろんのこと、外出する場合には日傘や帽子を使うなどして、紫外線からしっかりと身を守るようにしてください。

 

美白用化粧水などを正しく使うことによって、確実に肌にその美白効果が現れてきますから、毎日きちんとケアを続けていってほしいと思います。

関連記事

  1. 「海外コスメより日本製が肌に合う?私が海外在住で学んだ事」
  2. 紫外線対策に効果的な紫外線グッズ厳選7選
  3. 花粉症対策も家電で撃退出来る新情報
  4. 知ってきれいに!ホルモンバランスと肌荒れの関係
  5. 紅茶は美容にもいいって知ってた??その知られざる効果とは
  6. 猫背は老けて見える原因!猫背の矯正におすすめグッズとは?
  7. まだ間に合う!残りわずかクリスマスまでにする美容法
  8. メイクで運気アップ!成功者に聞くメイクで人相を変えるコツとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. あなたのカラダ潤ってますか!?水と美容の深イ関係
  2. 錯覚で美人は作れる!簡単メイクのやり方教えます
  3. オシャレなエスニック顔になれる!試したくなるメイク方法
スポンサードリンク
PAGE TOP