ライフ

睡眠を短時間とるだけでも一日の作業効率の違いが

睡眠時間がしっかりととれているか、いないかは健康のバロメーターといってもいいかもしれません。疲労をしっかりと回復するためにも、時間のあるときに短時間の睡眠法を行うことで健康を取り戻すことが可能です。

ただし、短時間睡眠のやり方を間違ってしまうと、反対に体には大きな負担となってしまうこともあります。それには、睡眠の質を上げていく、睡眠時間を無理のない範囲で行うようにしていきます。

【健康的な短時間睡眠のやり方とは?】

健康を維持しながら短時間睡眠を行っていくには、自分の周りの環境を整えることも必要になってきます。体内リズムを整えたり、熟睡するための準備をして必要な睡眠時間を把握することも大切です。

この頃、人気となっているのは「昼寝」など、就業の休み時間などに15分ほどの仮眠をとることをおすすめしていることです。

しかし、いくら仕事の効率がよくなるからといって職場で時間をとって昼寝ができるものなのでしょうか?実行できてくると、もちろん仕事効率だけではなく、体の健康にもなって代謝などもよくなってくるとの評判です!

【短時間昼寝をすることで変わってくる嬉しい傾向とは?】

季節的にも周りの陽気が温かくなっていくことで、ランチタイム以降の時間が猛烈に眠気を感じたことのある人は多いと思います。

そこで、コーヒーやカフェインの多く含まれる飲み物で対抗しようと思っている人もいるかと思われます。しかし、なかなか自分の思った通りには、その眠気も撃退できない現実もあります。

昼食後以降に眠気を感じるのは、体の自然な反応でそれを無理やりカフェインでだまそうとしてしまうのは、無理があるかもしれません。

午後2時~4時までの強烈な眠気に対抗するには、昼休みなどに短時間の昼寝をすることがおすすめなのです。

【効率的な昼寝をすると、どのような効果がある?】

1.眠気撃退、疲労回復が見込めること

昼以降の眠気撃退には、コーヒーなどのカフェインよりも効果の高い昼寝。カフェインは一時的に脳を覚醒させる働きはありますが、その効果は昼寝ほどではありません。カフェインでは、一時的に脳が覚醒しただけで仕事をはじめても再度眠気で頭がぼんやりしてしまうことも。

昼寝をすることも効果は何といっても「眠気撃退」と「疲労回復」なのです。疲労をため込んでしまうと、その分余計に回復にも時間がかかってしまうので、こまめに休息しながら効率的な昼寝をすることです。

2.記憶力と集中力が高まること

昼寝の効果効能は仕事でも記憶力や集中力が高まってくるといわれています。睡眠の働きでも「脳を休める」「記憶を定着させる」など脳での働きは眠っている間にも整理整頓されています。

つまり脳は自分たちが眠っている間にも、必要なもの、不必要なものとを振り分けてしまう働きがあります。

情報を整理整頓することで、使うことのできるスペースを空けてくれる働きがあります。

つまり、脳に入ってくる情報の記憶スペースを確保することで余裕のある情報の集め方ができていきます。

3.ストレス解消で病気を防ぐこと(ダイエット効果もあり)

昼寝の効果といえば、ストレス解消ができるといったことも大きなメリットとなっています。

ストレス解消ができていくことで、膨大な情報をうまく処理していけるからです。そして、昼寝は病気予防にも大きな働きをすることが知られています。心臓病やアルツハイマー病などを予防し、血圧上昇のリスクを抑えてくれます。

体内で過剰に蓄積されてしまう、βアミロイドはアルツハイマーの原因物質ですが、これは睡眠不足が招いてしまうのです。

昼寝はダイエットとも密接に関係しています。新陳代謝を促進するノルアドレナリンは眠気を我慢していると、うまく分泌されないことが知られています。

また、睡眠不足だと食欲増進ホルモンが過剰に分泌されて太りやすくなってしまいます。ダイエットをうまく成功させるためにも、睡眠不足を防がなくてはなりません。

ビタミンB1で眠気を防ぐ

・ビタミンB1の体内での役割

ビタミンB1は、砂糖やでんぷんなどの糖質を分解してエネルギーに変える役目があります。不足すると疲れやすくなって神経系や心臓を正常に保つ働きに影響してきます。ほかにも胃酸の分泌を高めることで消化吸収を高めています。

◇昼間から眠気の強い人には、「何かサプリメントで対策でもできないものだろうか」と思ってしまうことは多いと思います。

◇昼間からボーとしているのは、実は新陳代謝がよすぎて血液が皮膚の表面や胃腸に集まりやすく、脳に送られる血液が逆に少なるといった結果からです。

◇食後に眠たくなるのはこのせいであって、白米がブドウ糖に分解される過程で必要な成分がビタミンB1なのです。ビタミンB1がないことには白米がブドウ糖にきちんと分解されずに、ブドウ糖が血液によって運ばれなくては、脳はエネルギー不足になって眠気につながってしまうのです。

レビュー

サプリメントでも脳の働きを活性化させるサプリメントでは、アミノ酸のLチロシンなどが集中力を高めることが期待されています。集中力が切れやすい昼食後やお昼頃に飲用している人が多く頭がスッキリするといった体験談などもあるようです。

眠気解消にはセロトニンの多く含まれるサプリ

眠気解消のためにはセロトニンの多く含まれるサプリメントを服用することもおすすめです。セロトニンを補給することで、脳の覚醒を促し症状を和らげてくれるからです。

◇倦怠感や疲労解消のためには、クエン酸やビタミンB群、タウリン、アミノ酸などのサプリメントがとても有効です。脳を活性化させるカフェインなどの有効成分は一時しのぎで体質改善にはなりません。

◇サプリメントを補給する場合でも、栄養や規則正しい生活などを取り入れることでより効率的な治療ができるようになります。

◇体質改善をして昼間の眠気を防ぎたいのであれば、長い期間を必要とする場合もあります。症状がひどい場合には専門の病院で診察をすることがおすすめです。

レビュー

日常生活の中には特定の病気に起因して生じている場合もあります。自分の眠気が病気が原因なのか、そうでないかを診断することが必要です。

【まとめ】

日中の眠気に困ったことのある人は多いかもしれません。最近では、即効力が期待できるドリンクが販売されています。眠気がとれない場合の原因には、睡眠不足を調整したり、体内時計のリズムを変えて太陽の光を多く浴びるようにするなどしっかりと眠気覚ましの対策が必要になってきます。

関連記事

  1. 紫外線でダメージを受けないためのUV対策と予防
  2. 運命の相手をみつけるポイント!恋愛マスターはこの5つが鍵
  3. 洋服をキレイに着たいならくびれのあるウェストの作り方
  4. この自転車ならママも子供も大安心!
  5. 食後の歯磨きチェック!歯磨きにかける時間と歯磨き方法
  6. 2016年冬!トレンドカラーを取り入れてお洒落度アップ!
  7. 夏を満喫して乗り切る!美容にも熱中症対策にも“水分”を味方に
  8. もう夏バテなんてしない!夏バテは食べ物で対策ができる!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 春は目前!ポカポカ陽気のお出かけに自転車で行けるおすすめスポット
  2. 【美味しい美容法】食べるコスメで、体の中から綺麗は作れる!
  3. 憧れの理想のまつ毛をゲットするその秘訣に迫る
スポンサードリンク
PAGE TOP