美容と健康

毛穴のケアはタイプ別で選びたい!おすすめ化粧品4選

至近距離でも毛穴が気にならない程にケアされた肌は、
誰しも好感が持てるものだと思います。

適切な毛穴ケアは、あなたのキレイをランクアップさせるのにおすすめなこと。
もちろんメイクの仕上がりも左右するので後回しにはできませんよね。

今回は、毛穴と上手に付き合い、お悩みを解消していくおすすめの情報をお届けしたいと思います。

気になる毛穴のケアや、毛穴の悩みに効果的が期待できる
人気のおすすめ化粧品についてもご紹介します。
どうぞ最後までお付き合いくださいね。

毛穴って必要!?まずは毛穴の役割を知ろう

そもそもあなたの肌に毛穴がなかったら、ケアも必要なくて済む!?
理屈ではそうですが、人の体に備わっている機能にはそれぞれ意味があり、
毛穴にもきちんとした役割が備わっています。

そこでおすすめの毛穴のケアについてご紹介する前に、
ちょっとだけ毛穴本来の役割について触れさせていただきますね。

毛穴の役割その① 体温を調節する

まず毛穴から生えている毛には、皮膚の保護と体温の維持という役割があります。
あなたにも寒さやある種の恐怖感で“鳥肌が立つ”という経験があると思うのですが、
あれは毛穴そのものが体温の低下を防いでいる証拠。

立毛筋という毛穴周りの筋肉の働きで、毛穴をキュッと縮めることで
血管を収縮させている状態なのです。

毛穴の役割その② 肌の保護

私たちが普段目にできる毛穴は皮膚の表面に近い部分。
もちろん皮膚の内部に埋もれている部分もあります。

埋もれた部分の毛穴には袋状に枝分かれした皮脂腺というものがあり、
一つの毛穴に対して皮脂腺も一つのワンセットになっています。

ここからは毛穴詰まりの元となる皮脂が常に分泌されていますが、
この皮脂と汗の出口である汗腺からの汗が混じると
肌を自ら保護してくれる天然のクリームの役割を果たし、
雑菌や乾燥など外の刺激から守ってくれます。

この肌本来のバリア機能を活かすという意味では、
皮脂を取り過ぎるような過剰なケアはあまりおすすめできないと言えます。

毛穴の役割その③ 体内のデトックス

私たちが口にする食品に含まれる有害な物質や金属は、
油に溶けやすいという性質を持っています。

もちろん皮脂も油脂分。
適度な皮脂は体内に摂り込まれた有害物質を溶かし、
毛穴はそれらを体の外に出す排出するデトックスとしての機能を果たしてくれます。

あなたはどっち?気になる毛穴のタイプ

毛穴は全身にありますが、特に顔は額や鼻などのTゾーン、
頬からアゴにかけてのUゾーンと、
小さい面積にケアに注意が必要なポイントが凝縮されているといってもいいくらいです。

毛穴の悩みを大きく分けると次の2つ。
あなたがおすすめを探しているのは、どちらのケアでしょうか!?

①毛穴の黒ずみ・詰まりが気になる

額から眉間を通って小鼻の周りまでは、
毛穴の黒ずみやしつこい汚れが蓋をしたような角栓のケアが必要なゾーンです。

ご紹介したように皮脂の分泌は止まることなく常に続いていますので、
適切なケアは欠かせません。

黒ずみは、皮脂のつまりが長い時間毛穴にとどまって酸化した証拠。
無理やり力で押し出すのはおすすめできませんが、
見た目にも良くはないのでケアを急いだほうが良さそうです。

また10代から20代にかけての若い世代には、
ニキビによる毛穴詰まりや毛穴そのものが変形してしまうニキビ跡のケアも深刻ですよね。

皮脂の分泌が過剰な年頃であることはもちろんですが、
ケアの仕方次第では肌に残るダメージを少なく、
きれいな毛穴に近づけることも可能ですから諦めは禁物。

若い方にこそ、効果のある早めのケアをおすすめしたいものです。

②開いた毛穴がたるんでいる

年齢を重ねた肌でケアが足りないと目立つようになるのが、“たるみ毛穴”。

30代以降では、それまでに浴びた紫外線の影響でシミや毛穴のトラブルが発生しやすく、
ケアにも時間を必要とします。きちんとしたケアをおすすめしたい理由は、
加齢によって皮膚の弾力性自体が失われ、
開きが気にならない部分まで一緒にたるんでしまう可能性があるからです。

若い頃のようにオイリーではないものの、
逆に乾燥に対してのケアが不足すると毛穴がたるみやすくなってきます。
特に小鼻の脇から頬にかけては、たるみが発生しやすいので注意してケアしたい場所。

正しいケアをしてみる前に年齢のことを理由にするのは論外!
あきらめないで今日からでもできる年齢に合ったケアをおすすめします。

毛穴ケアならコレ!巷で話題の化粧品おすすめ4選

気になる毛穴のタイプが違うように、ケアの方法も一つではありません。
洗顔・保湿・バランスのいい食事・生活習慣の見直しなど、
毛穴のケアにおすすめだと言われる要素はいくつもあります。

そして今よりもっと効果を上げる手助けとして私がおすすめするのは、
毛穴の対策化粧品を使ったセルフケアです。

最近は毛穴のケアに特化した化粧品ブランドのバリエーションも増え、
口コミでは多くの女性が効果を実感しているようですよ。

その中でも、今回ご紹介する4つはネットを賑わせているおすすめブランド。
あなたの毛穴にあったケアを見つける気持ちでご覧ください。

◆b.glen(ビー・グレン)

QuSome(キューソーム)と名付けられた特許の浸透技術で、
化粧品の効果を肌深部にまで届けるというビー・グレン。
毛穴はもちろん多くの肌悩みを解決してくれるドクターズコスメです。

ビー・グレンのおすすめは、8つから選べるトライアルセットが用意されていること。
その半分はニキビケアや毛穴の開き、さらに年齢による毛穴のたるみをケアしてくれるシリーズになっています。

パソコンやスマホから自分に合う組み合わせを診断できるシステムや
専門のカウンセラーによる個別相談などのフォローもバッチリで、
毛穴の変化にも対応していけるおすすめのブランドだと思います。

http://www.bglen.net

◆FANCL(ファンケル)

ファンケルのケアと言えばクレンジングがおすすめ!というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、
その確かなクレンジング力でニキビや毛穴詰まりに関連したシリーズも大変人気があります。

最近は大人ニキビという言葉も多く聞かれる中、
ファンケルはいち早く対策化粧品を打ち出したブランド。
特に1ヶ月試すことができて1,000円のお試しキットは、
他にはない満足感を与えてくれるはずですよ。

無添加にこだわりたい方には特におすすめしたいのがファンケルのケアシリーズです。

http://www.fancl.co.jp/

◆I’pinch(アイムピンチ)

毛穴のケアが変われば人の印象まで若々しく変えてしまう・・。
たるみ毛穴に抜群の効果を発揮すると話題のおすすめ美容液がアイムピンチ。

化粧品のライン使いが難しい方には、今使っている化粧品にプラスして使えるアイムピンチのケアもおすすめです。
しっとりと肌になじむような使い心地で、翌朝のモッチリ感もおすすめしたいポイント。

医学会認定という点でも効果が期待できる毛穴ケア化粧品です。

http://www.impinch.com

◆D.U.O

メイクは一時的に気になる毛穴を隠してくれるもので、
根本的なケアではありませんよね。

そこでおすすめなのが、毎日のメイクを落とすのと一緒にケアができるもの。

毛穴よりもさらに小さなカプセル粒子が詰まった汚れを
効果的に取り去ってくれるD.U.Oのザ・クレンジンジングバームは、
女性の美を競うミスユニバースの大会で、準グランプリを獲得した女性がおすすめしていることで大注目されています。

バームと聞くと、ちょっとコクがあって重たいのかなと思いきや、
こちらはトロっとした感触で汚れや角栓とよくなじむのが特徴です。

ケアの時間がそのままリラックスタイムに変わるような、バラの香りもおすすめですよ。

https://cp.duo-cosmetics.com

まとめ

毛穴のトラブルを放置していると、年齢と共により大掛かりなケアが必要となってくる場合もあります。
実際に毛穴の悩みを克服するため、多くの化粧品を渡り歩いてきた私もその一人です。
専門のクリニックでのケアを試みても、それですべてが解消されるわけではありません。

自分の肌をいたわるつもりで毛穴と向き合い、
毎日続けていける毛穴ケアも試してみる価値はあるのではないでしょうか。

関連記事

  1. シンプルで簡単♪夏にオススメのペディキュアはコレ!
  2. 意外と知られていないじゃがいもは美容効果も抜群だった
  3. 場面で変えてる?オフィスメイクにはオレンジチークがおすすめ
  4. 効果大!お肌に優しく使える目元専用美容液オススメ商品一覧!
  5. フレンチネイル 上品で可愛いデザインを考えてみよう
  6. 今年の冬はオフィスで快適! 誰でもできる冷え性対策!
  7. 夏に向けて体の内側から美白の準備!美白効果のある食べ物
  8. 美肌に欠かせない肌のターンオーバーを正常にするためのケア方法とは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 「ひときわ輝くオシャレなレディに」 2017年の秋冬のトレンドファッション
  2. この夏挑戦!! 簡単小顔メイク術であなたも小顔になれる!
  3. 冬でも痩せれる?ダイエットして綺麗になる秘訣や方法とは!
スポンサードリンク
PAGE TOP