フード

もう夏バテなんてしない!夏バテは食べ物で対策ができる!

朝から気温が高く、早くも初夏の香りがしてきました!

テレビでは来週あたりに九州で梅雨入りとの情報も入っています。”梅雨バテ”という言葉もありますが、やはり夏のお悩み事といえば”夏バテ”です。できることなら、夏バテにならずに過ごしたいですよね。そもそもなぜ、夏バテになってしまうのでしょうか。夏バテの原因~対策までをまとめてみました。

夏バテの原因

夏バテは自律神経といわれる、温度調節をする機能にある神経が乱れることによって、夏バテが引き起こされます。この自律神経を上手くコントールできていないと、様々な症状が出ます。

・だるさ
・動機
・頭痛
・肩凝り
・手足のしびれ

これらが積み重なると夏バテどころか、ストレスが加速し、睡眠不足に陥るなんてことも。

 

このような状況にならないためにも、対策が必要です。

 

夏バテの対策は、食事から!

まず、夏バテを解消するためには、自律神経を整えることが大切です。対策として、食べ物、入浴、睡眠、運動を適切に摂取し行動に移すことが一番です。しかし、全てを一気に切り替えることは難しいですよね。

 

今回は、皆さんが毎日口にする“食べ物”に着目し、夏バテを吹き飛ばしたいと思います!

夏バテ対策に良い食べ物

  • ビタミンB1:自律神経を整え、脳のエネルギーとなる栄養素。ビタミンB1が不足すると、疲れやすい体になるため注意。ビタミンB1はアリシンと一緒に摂取すると、より効果を発揮します。アリシンには、ネギや玉ねぎ、にんにくやニラなどがあります。生活習慣病の対策と共にスタミナもつけてくれます。夏バテにはこのビタミンB1が土台となっていますので、対策には力を入れるべきポイントの一つです。

 

食べ物:豚肉、豆類、玄米、うなぎ(かば焼き)、たらこ、あおのり(乾)、ごま、ほうれん草

 

  • ビタミンC:抗酸化作用を持ち老化対策に。コラーゲンを含み、細胞同士をくっつけ骨を丈夫にします。また、美肌対策に欠かせないビタミンで、日焼けのケアを補います。化粧品でもよく使用されている成分です。ビタミンCは自分自身では作ることのできない成分であり、食事など外から補う必要があります。熱に弱いため、なるべく生で摂取するよう対策しましょう。

 

食べ物:赤ピーマン、黄ピーマン、ジャガイモ、サツマイモ、ゆず(果皮)、緑茶、アセロラジュース、パセリ、レモン

  • 発酵食品;栄養の吸収率が高く免疫力を高めます。整腸作用からダイエット対策にも効果あり。保湿にも秀でており、健康維持に重要な食品です。アレルギー症状を緩和させ、コレステロール値を下げてくれます。

 

食べ物:きのこ類、味噌、醤油、お酢、日本酒、甘酒、納豆、乳酸菌(チーズ、ヨーグルト)、パン

 

  • 香辛料:胃液の分泌を増進させ、食欲を促します。冷えた体を内側から温め、冷え性対策に効果的。ただし、妊娠中の方には刺激が強いため、控えめに摂取する必要があります。意外にもチョコレートは夏バテ対策には欠かせない食べ物。カカオマスポリフェノールが含まれており、コレステロール値を下げ、がん対策にもなります。加え、ストレスを和らげ、緊張した脳を緩和させます。即効性が高いことも魅力的です。

 

食べ物:唐辛子、ターメリック、ナツメグ、ミント、生姜、わさび、胡椒、みょうが、ねぎ、カレー、チョコレート

日本は発酵大国と称され、夏野菜と呼ばれる食べ物が豊富です。実は夏バテ対策には最適な食材が揃っています。そこを上手く利用しましょう。夏は汗をよく掻き、体力を多く消耗します。ですが、夏バテにより食欲不振になったりと、体調管理が難しい季節です。だからこそ、夏バテに抜群な食べ物を知ることは大切です。そして、よく噛んで食べることも対策のポイント。自律神経を活性化させ、身体や精神を整えます。摂取のポイントは量より質を重視することです。無理なく夏バテ対策ができるでしょう。

 

 

夏バテ対策グッズ

 

♪ときわ商会 ひんやりシャツシャワー

 

お出かけ前の衣類にスプレーするだけ。汗の臭いや加齢臭の対策にもなります。スプレーの香りも優しいです。値段もお手頃で、涼しい夏を過ごせるでしょう。室内では冷房に、外ではじりじりと照りつける夏は、特に温度差を感じます。温度調節が困難でも、この商品があれば、涼しさをキープしてくれます。夏バテ対策には必需品となるでしょう!

 

夏バテ対策まとめ

今回は、食べ物を中心とした夏バテ対策を紹介しました。夏バテ気味だという人は、上記で紹介した食べ物で、どこかに偏りがあるのかもしれません。不足している食べ物がないかを見直し対策してみて下さい。もちろん、食べ物だけではなく、睡眠、運動にも目を向けることでより健康な体づくりができます。熱中症対策も含め、年々夏バテ対策グッズが販売されていますが、自分自身で夏バテに勝ちましょう。

関連記事

  1. えっ?こんなに可愛いの?今時のマタニティウェアと選び方
  2. 海外にも多数店舗がある!世界でも便利で大人気のダイソー
  3. 冬のスタイルアップはコーデ次第 おすすめのマストアイテムはこれだ…
  4. 「ひときわ輝くオシャレなレディに」 2017年の秋冬のトレンドフ…
  5. 30代女性をもっと輝かせる名作映画リスト6選
  6. 意外と知られていないじゃがいもは美容効果も抜群だった
  7. 夏を満喫して乗り切る!美容にも熱中症対策にも“水分”を味方に
  8. 睡眠を短時間とるだけでも一日の作業効率の違いが

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 【エステティシャンが教える】肌質別のスキンケアの方法
  2. 春は目前!ポカポカ陽気のお出かけに自転車で行けるおすすめスポット
  3. 目の下のたるみを今すぐ隠したい!簡単メイク術をご紹介
スポンサードリンク
PAGE TOP